FC2ブログ

板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

数年ぶりに更新

フェイスブックをはじめてほったらかしていたブログに久しぶりにログイン。

時々,発行中のメールマガジンの第1号を貼り付けておくので,
興味がある人はグリーンシティ福岡までご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ファシリテーショングラフィック/市民の板書術
 01:大切なのは出席者を見ること
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議やワークショップなどで,出席者の意見やアイデアを書きとめる
ファシリテーショングラフィック。そのコツやノウハウ,考え方,あと
時々雑談とかをお伝えしていきます。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 まず大切なのは,ニッコリ笑って出席者を見ること。

 きれいに書きたいor描きたい,上手にまとめたいという気持ちがある
のは仕方ありません。けれど,ホワイトボードや模造紙の出来栄えよりもきっと,
前に立つあなたがどんな表情か?どんな立ち居振る舞いか?の方が,よっぽど
場に影響を与えるだろうと思っています。
 なにを書くか?どう書くか?ばかり考え込んでいたり,みんなに背中
を向けてばかりいたり,腕組みしてしかめっ面していたりするのは,ち
ょっとアレですね。

 ファシリテーショングラフィックの担当として人前に立つことになっ
たら,まずは深呼吸して出席者全員に目を配るようにしましょう。出席
者一人ひとりに「よろしくお願いします。」を言うような気持ちです。
自分も落ち着くし,出席者とグラフィッカに「電話線」をつなげるよう
なものだと思っています。

 そして,発言を促したり,待ったりする。発言がある時はそちらを向
き,しっかり聴く。手は書き出しそうな姿勢になっていて,発言に応じ
てうなずいたりする。
 そして書く。どのタイミングで書き出しはじめるかはその場によりま
すが,多くの場合「すぐには書かない」のがよいようです。発言者の言
いたいこと,特に感情が動いたところを見つけてから書くようにしてい
ます。

 書いた後はふりかえって,その発言をした人の表情を見つつ「これで
OK?」の確認をしたりします。たくさんの発言があって忙しいと難しいですけれど…。
 そして再び,出席者側を見て聴く体制に戻ります。

 とは言っても,ドンドン意見が出てくるような時は背中を向け続けて
ひたすら書き続けることもあるでしょう。しかし,基本は出席者を見て
聴くことが優先と思っています。
 ファシリテーショングラフィックは記録と交通整理の技術のように言
われますが,むしろ「全身を使った『聴いてます』の表現」でしょう。
「場に貢献してくれてありがとう。全身で受けとめます。」という気持
ちが何より大事だと。
mm01
スポンサーサイト



  1. 2018/12/10(月) 20:52:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FGセミプライベートレッスン(改訂版)

FGセミプライベートレッスン。
数回実施して、ご好評をいただいています。

普段のスタイルの研修では、個人にあわせたペースでの実習や十分なフィードバックができないとの思いがありました。ご要望もあり、2、3人でのこじんまりしたレッスンを実施中です。3~4月の試行期間を経て、下記の通り、料金等を改訂して5月以降も継続していきたいと思います。

 ○人数は2人or3人。時間は1回2時間。

 ○料金
  <4月28日まで(試行期間)>
    一般料金:¥3,500-/人
  <5月2日以降>
    一般料金:¥4,500-/人
    学生・NPOに勤務する方:¥3,000-/人

 ○日時は平日10:00~22:00の間で予約制。ご希望の日時をお知らせください。

 ○場所は、福岡市中央区薬院のNPO法人グリーンシティ福岡事務所内。

 ○「7~10分程度の板書実習」、「みっちりフィードバック」、「ディスカッション」
  「□□の書き方練習」などを中心に、ご要望に応じて2時間を進めます。

 ○NPO法人グリーンシティ福岡のスタッフが1,2名同席して、実習の際の
  模擬会議メンバーとして参加します。

 ○道具・準備物は不要。手ぶらでお越しください。模造紙と水性マーカーを使用します。

やってみて思ったのは、いろんな分野の方に事務所にお越しいただいて、模擬会議とはいえディスカッションできるのは幸せだということ。福岡周辺で、地域おこしや環境保全、若者の育成・支援などに取り組む人のつながりができるのがうれしい。

ご希望の方は、左のフォームからお気軽にどうぞ!

fg-lsn.jpg

ウェルカムボードにしては無骨な工事写真用の黒板を見かけたら、そこが会場です。
  1. 2011/04/24(日) 18:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震

大きな地震だ。ニュースやツイッターで各地の情報を見てる。

やきもきするけど、関東・東北の知人への電話やツイッターのつぶやきはやめとく。

でも、心配してる。気にしてるからなー。

みんなどうか無事にいて。
  1. 2011/03/11(金) 20:58:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は志賀島で花畑づくりの仕事

昼に地元の定食屋に入って、隣テーブルの注文の声「さしみ定食!」が
「ファシリテーション!」に聞こえた俺は末期。
  1. 2009/09/03(木) 14:55:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産婆さんの例え

ファシリテーションを産婆さんで例える話があります。
頑張るのは赤ちゃんであり、母親。産婆さんは環境を整えたり、励ましたりする支援役ということです。

つい最近、2人目の子どもが生まれました。万歳!

1人目の時は、6時間みっちり右手で妻の腰骨をさすり、左手で団扇をあおぎ続けました。しかし、いざ出てくるという瞬間には何もできることがなく、応援しながら見てるだけでした。

2人目の時は、陣痛から1時間、自宅で出てきそうになったので、あわてて本職の助産師さんをお連れしたら、すでに生まれていたり。


肝心な時には、見てるだけだったり、そもそも居なかったりしたのですが、まぁ、母子ともに健康でありました。
ファシリテーションも案外近いものがあったりして。
  1. 2009/09/01(火) 00:20:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川喜田二郎先生

平成21年7月8日 川喜田二郎先生が亡くなりました。

直接お会いしたこともなければ、本式のKJ法の研修を受けたわけでもありません。
しかし、学生時代に中公新書の「続・発想法」を読んで興奮し、影響され、頭の中でモヤモヤしていたあれやこれやが形になって、その後の研究やボランティア、そしてファシリテーターとしての活動の原動力になっていったことをふりかえると、感謝の気持ちでいっぱいになります。

ありがとうございました。
  1. 2009/07/10(金) 20:57:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BeGood居酒屋

20090704233103
おからのコロッケがうまい。BeGoodCafeに参加して、その懇親会。

講演会を聴いて、ポイントと感じたところを箸袋に書いたりして、講師の方を交えてガヤガヤ話しました。
やっぱり飲み会こそ書くべきだって!
  1. 2009/07/04(土) 23:31:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン屋だけど

20090630104556
モツ焼きがうまい。
鉄板アツアツでざっくりキャベツとプルプルのモツ。

古くからの友人の話は会社内の人間関係で、冗談半分まじめ半分。普段はセメントと鉄筋を扱う彼の無骨な手が、当然のようにメモ紙とペンを取り出して図解を始めたのにニヤリ。
そう言えば、ファシリテーション云々言わなくても昔から気軽に書く習慣があったよねえ!

書いてもらうのが居心地いいと感じた晩でした。
  1. 2009/06/30(火) 10:46:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんとなく

大分県竹田市という田舎の出身なので、町の中で暮らしていると、
春の、暖かくてジメジメした地面の感じとか、
夏の、ムワッとする草土手の匂いとか、
秋の、心細いような不安なような風とか、
冬の、鼻の奥がツンとする空気とか
そんなものが足りなくて困る。どこか上すべりしているような暮らしだ。
うまく説明できないけど。

いわゆる「ファシリテーション」のスキルを行使された会議の場となんとなく、共通点があるような気もする。

効率的だったり、スピーディーだったり、成果が大きかったりするけれど、その周りにあるモニョモニョ(?)したものを捨てている感覚がある。
うまく説明できないけど。

なんだ?この感覚?
  1. 2009/06/05(金) 20:32:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山とファシグラ

先日、学位論文を提出しました。

里山がこの100年間どう変化したか、とかその辺の話です。
「里山保全」と「ファシリテーション」の二足のわらじのように言われることもありますが、個人的にあまり違いはないです。
いろんな草木や生き物も、会議やワークショップのメンバーも、それぞれ持ち味を活かして活躍できるように。要素やプレイヤー間の関係性の最適化が、全体としての生産性・創造性や安定性・持続性を上げる思っています。
突き詰めると「不要な者のいない社会」ということかも?
  1. 2009/02/12(木) 14:16:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0