板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケッチブックを切る

holbeinのNo.33シリーズのF0サイズ。スプリングをクルクルとはずして、カッターで表紙・裏表紙の固い厚紙と中の画用紙を上下に半分に切る。はずしたスプリングはペンチで半分にして、上下二つに分かれた表紙・画用紙・裏表紙を、再度クルクルと留める。
こんな風に、道具の準備をする時間(ホワイトボードマーカーにインクを注入するとか)はしみじみと良い時間だなあ。

ズボンの後ろポケットにもスーツの内ポケットにも入るスケッチブックは便利。
いえ、日頃あまりスーツ着てません。格好つけました。ゴメンナサイ。

この2年間くらい、iPodとかで予定やメモを管理していたけど、自慢のtouchをコーヒーに浸し壊してしまったのをきっかけに再度、スケッチブックを使うことに。iCalもevernoteもそれぞれに便利で、アナログではできないことをたくさんしてくれるんだけど、やはり手書きも良いもんだ。

ガジェット類では「サクサク動く」ことが結構大事な評価ポイントになるけど、それは「反応の早さ」だけじゃなくて「手ごたえ」が大事なんだと思う。ペンを持って書くときに、ペン先から伝わる画用紙の表面の感じとか、スケッチブックのたわみと反発力とか、すごくフィードバックがあるのを意識すべき。

そのうち、カチカチ、プニプニするタッチパネルが商品化されるだろうけど。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/27(火) 17:08:59|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう居酒屋日記のような

男二人で飲みながら書いてる。

仕事では同僚に板書を任せることが多くなったからなー。

求職中の友人で、話の中身は重たいんだけど楽しい飲みでした。

真ん中のはチャンジャ。魚の内臓の塩から。

100414.jpg
  1. 2010/04/15(木) 18:17:52|
  2. どこでも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京でファシリテーショングラフィック講座!

東京でファシリテーショングラフィック講座をやります。

いやあ、マーキーとは久しぶりです。
楽しみ楽しみ!


以下、主催の「青木将幸ファシリテーター事務所」さんによる広報文です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ファシリテーション・グラフィックを学ぼう!
  ~書いて促す人になる2日間~ 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ファシリテーション・グラフィック。
書くことで、参加や発言を促すこの技法について、じっくりと学ぶ2日間です。

講師は、福岡から志賀壮史さんをお招きします。志賀さんのファシリテーション・
グラフィックは、温かく、参加者を優しく包容する点が魅力。ペンの持ち方や書
き方、立ち位置や、聴く態度といった小さな所作の積み重ねで、参加者に安心感
を与えるグラフィッカーとして、僕(青木将幸)が最も尊敬する人です。ふだん、
市民参加の森づくりという現場でも活用なさっているその技術を、じっくりまと
めて教わる時間になろうかと思います。

僕の持論に、「ファシリテーションは十人十色」というのがあります。どんな技
法を使っても、根っこにある「その人らしさ」というのはにじみ出てくるもので
はないか、と。

このことは、ファシリテーション・グラフィックにも言えることです。この2日
間で、みなさんに「志賀壮史さんのようになってほしい!」と思っているのでは
ありません。彼が磨いてきた技術を教わるなかで、みなさん流のファシリテーシ
ョン・グラフィックを積み上げる一助になればと思います。

僕自身も、会議の進行役として、参加者の発言を書いてまとめることが多くあり
ます。何を書いて、何を書かないか。より丁寧に書こうと思えば、より丁寧に発
言を聴かねばならないということを、最近とみに思います。よく聴いて、要点を
書く。そんな視点で深めあえる2日間にできればと思います。

 話術は上手じゃないけれど、皆の参加を促したいと思う方、

 これまで自己流で学んできたことを、一度整理したい方、

 職場でいきなり進行役はできないけれど、板書係から貢献してみたい方、

 「書く」のは苦手だけど、これをきっかけに鍛えてみたいという方、

はじめ、

自分が関わる会議を、少しでもよいものにしてゆきたいと思う方の参加をお待ち
しています。
※お忙しい方のために1日のみの参加も可能な日程を組んでみました。
ご都合と興味があうようでしたら、ぜひご参加ください。


■日 時 

 基礎編:5月22日(土) 10時~18時
 実習編:5月23日(日) 10時~16時

■会場

 東京都渋谷区内の研修施設
 (お申し込みいただいた方に場所の詳細をお知らせします)

■参加費&定員

 5/22基礎編:15,000円 定員16名
 5/23実習編:10,000円 定員12名

※両日参加をおすすめしますが、基礎編のみ、実習編のみの参加も可能です。
(ただし、実習編のみの参加の場合は、過去に何らかのファシリテーション・
 グラフィックの講座を受講していることを条件とさせて頂きます)

※「経済的な事情で、この金額の参加費を払えない」という方は、遠慮なく
 ご一報ください。活動内容や思いなどをお伺いしたうえで、NPO割引、ワカ
 モノ割引など検討します。

■対 象

 ・自分が関わる会議にファシリテーション・グラフィックを導入したいと思う方

■ プログラム

※基礎編 5月22日(土)
 10:00開始
  ようこそ/ファシリテーション・グラフィックとは?
  7つ道具を使いこなす/ペファシリテーション・グラフィックと空間
  とにもかくにも、書いてみよう!
 12:00ごろ ランチ休憩
  13:00午後、再開
  書き方のコツ/ファシリテーション・グラフィックの「型」を覚える
  ホワイトボードFGと模造紙FGの違い/グラフィッカーの倫理と姿勢
  何を書いて、何を書かないか/なんでもQ&Aタイム ほか
 18:00 終了

※ 実習編 5月23日(日)
 10:00~16:00 
 基礎編で学んだことなどを活かして、終日、ファシリテーション・グラフィ
 ック実習をします。グループに分かれて話し合い、書いて、書いて、書いて
 ゆく時間。話し合って、書いては、フィードバックをもらい、また書いてみ
 る。その積み重ねでしか得られないタイプの向上があろうかと思います。


■ファシリテーター
  <<<志賀 壮史(しが・そうし)>>>
 略歴:1972年生まれ。96年より福岡市近郊を拠点に、複数のまちづくりや地域
 活性化の市民活動に参画する。まちづくりワークショップの実践を通じて身に
 付けたファシリテーション・グラフィックの手法を、組織運営の会議、各種イ
 ベント、研修会等に応用している。2004年より有限会社里山計画研究所 代表
 取締役。また、里山保全に取り組む任意団体「こうのす里山くらぶ」の代表。

 <<<青木 将幸(あおき・まさゆき)>>>
 略歴:略歴:1976年生まれ。和歌山県新宮市出身。環境NGO・A SEED JAPANにお
 いて、様々な環境活動に関わる傍ら、「それぞれの持ち味が発揮される組織づ
 くり」「学びあい、育ちあう場作り」に関心をよせる。95年よりNPOに関わる若
 者向けの団体運営トレーニングの開発と実施に関わる。5年間の企画会社勤務の
 のち、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、さまざまな会
 議の進行役をつとめている。

■主催:青木将幸ファシリテーター事務所

■お申し込み&お問い合わせ先

 お申し込みの方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください
 お問い合わせにつきましても、事務局までメールにてお気軽にご連絡ください

 事務局メールアドレス
  office@aokiworks.net 
____________________

■申し込みフォーム


  ※メール件名=5月FG講座申込(お名前○○○○○)
 
※送信先=office@aokiworks.net

 ・お名前:
 ・参加日: 両日とも or 基礎編5/22のみ or 実習編5/23のみ
 ・メールアドレス:

 ・電話番号:

 (当日の遅刻時連絡用なので、できれば携帯)
 ・年齢:

 ・性別:

 ・所属orお仕事:

 ・参加するにあたって、ひとこと:

 ・この講座を何を通してお知りになりましたか?:

 (例:××さんの紹介、○○メールマガジンなど)
__________________________________

  1. 2010/04/14(水) 14:50:16|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。