板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホワイトボードマーカーの評価ポイント

今、事務所のテーブルに転がっていたホワイトボードマーカー。

wb.jpg

ファシリテーショングラフィック目的でホワイトボードマーカーを選ぶ時の個人的な条件。

<必須>
 ・太字_______30人以上でも見える文字を書く。
 ・平(角)芯____太線・細線を1本で書き分けられる。
<できれば>
 ・インクが濃い___PILOTがよさげ。
 ・詰め替え式____使い捨ては気が引ける。
 ・スマート_____4色持ち歩いてもかさばらない。

以前は、インクの濃さは若干弱いんだけど、残りの条件がバッチリだったのでシャチハタの潤芯を使っていました。でも最近はこだわりが小さくなってるかも。


昨晩、写真の「ボードマスター」を使っている最中に、ポロポロとキャップを落としてしまいました。
そこで新たな条件↓

「書く時、ペンのお尻にはめたキャップがとれにくいこと」


きっと握り方だな。

普通の鉛筆握りしていると、参加者から見える状態を保ちながら横から板書するのが難しい。
マーカー全体を卵を持つように包んで持っているので、手のひらにキャップがあたるんだな。

そこが安定するとうれしい。
そんな人が、日本に10人くらい(?)はいると思います、PILOTさん。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/19(火) 14:54:00|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山リーダー講座

里山関係のリーダー講座を始める前には、ホワイトボード一杯に、里山のいろいろ(雑木林や竹林や人工林、棚田、奥山、集落)やボランティアとリーダーが活動している様子を描いておきます。「こんな場所です。今は荒れてきているけれど、ボランティアが保全活動をはじめてます。けど、よりチカラを発揮するためには「よきリーダー」の存在が必要です。」そんな説明をしてから講座を始めます。

IMG_7741.jpg


毎回、ちょっとずつ実施場所や参加者層に合わせて変えてるんだなあ。
  1. 2010/10/02(土) 22:33:16|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。