板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FGセミプライベートレッスン(改訂版)

FGセミプライベートレッスン。
数回実施して、ご好評をいただいています。

普段のスタイルの研修では、個人にあわせたペースでの実習や十分なフィードバックができないとの思いがありました。ご要望もあり、2、3人でのこじんまりしたレッスンを実施中です。3~4月の試行期間を経て、下記の通り、料金等を改訂して5月以降も継続していきたいと思います。

 ○人数は2人or3人。時間は1回2時間。

 ○料金
  <4月28日まで(試行期間)>
    一般料金:¥3,500-/人
  <5月2日以降>
    一般料金:¥4,500-/人
    学生・NPOに勤務する方:¥3,000-/人

 ○日時は平日10:00~22:00の間で予約制。ご希望の日時をお知らせください。

 ○場所は、福岡市中央区薬院のNPO法人グリーンシティ福岡事務所内。

 ○「7~10分程度の板書実習」、「みっちりフィードバック」、「ディスカッション」
  「□□の書き方練習」などを中心に、ご要望に応じて2時間を進めます。

 ○NPO法人グリーンシティ福岡のスタッフが1,2名同席して、実習の際の
  模擬会議メンバーとして参加します。

 ○道具・準備物は不要。手ぶらでお越しください。模造紙と水性マーカーを使用します。

やってみて思ったのは、いろんな分野の方に事務所にお越しいただいて、模擬会議とはいえディスカッションできるのは幸せだということ。福岡周辺で、地域おこしや環境保全、若者の育成・支援などに取り組む人のつながりができるのがうれしい。

ご希望の方は、左のフォームからお気軽にどうぞ!

fg-lsn.jpg

ウェルカムボードにしては無骨な工事写真用の黒板を見かけたら、そこが会場です。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 18:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

包装紙も試してみたけど

九州大学の先生方を対象にした、体験・実践型デザイン教育の課題抽出ワークショップ。教育とは何か?デザインとは何か?を考えるとてもワクワクする時間でした。(合併して九州大学の芸術工学府になった母校。カリキュラムや授業体制の改善に少しでも役立てるのなら、こんなうれしい話はありません。)

細かい話ですが、ずっとしまったままになっていた茶色い包装紙のロール。模造紙代わりにならないかと壁にべろーっと貼って、使ってみました。

chairo.jpg

 良かった
   → 切れ目がないのでドンドン書ける。
   → 茶色くてなんか特別(?)っぽい雰囲気。

 いまいち
   → 書き心地がザラザラしてる。
   → 黄色とオレンジはほとんど見えません。

ということで、ちょっと面白かったけど、実用にはあんまり向きませんでした。
  1. 2011/04/24(日) 18:03:41|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

加藤さんのお話を書く

五島の九州自然歩道を考えよう、という集まりで加藤則芳さんのお話しを板書する機会がありました。

アメリカ合衆国東部の「アパラチアン・トレイル」は3,500kmに及ぶロングトレイル。半年をかけて歩ききった加藤さんの経験を、美しいスライドとともに味わう心地よい時間でした。長野と新潟の県境で、ボランティアを中心に維持・管理されている信越トレイルにも話は及び、自然の中、地元の人々とふれあいながら長距離を歩くこと(加藤さんは「四季をなめるように」と仰っていました)に対し、私自身、強く共感しあこがれるようになりました。

最新の2011年5月号のBE-PALにも対談が載っています。悲しい話ですが、加藤さんは治療が難しいご病気で、ご自身はもう長距離を歩くことが難しい。
それだけに、日本にも、その土地の自然と文化を味わうことができるロングトレイルを!との思いで、執筆活動や各地でご講演に精力的に取り組んでいらっしゃいます。

そのお気持ちを少しは受けとめ、表現することができたか、、、?
goto.jpg
  1. 2011/04/24(日) 17:48:37|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。