板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森あそびのレポート

ファシリテーショングラフィックとは呼べないけれど、イベントやワークショップが終わった後のレポートを手書きでつくるのも面白い。

娘の保育園に呼ばれて1日、森で遊んだ様子を書いたもの。
保育士さんにも、親にも、もちろん子どもたちにも喜ばれたよ!

morinko.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/05/25(水) 10:25:28|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RQ市民災害救援センター東京本部

東京でのファシリテーショングラフィック講座を終え、17日にはRQ市民災害救援センター東京本部へ。

当初、ここでボランティアを行っているマーキーと二人で内部向けのファシリテーション講座を実施する考えもあったが、諸々の事情で取りやめ。普通に事務局ボランティアとして1日お邪魔することに。

問い合わせやボランティアバスの座席調整の電話がひっきりなしにかかり、物資の在庫管理、広報イベントの準備など、様々な作業が日々入れ替わるボランティアで実施されているのに驚いた。

見れば、ホワイトボードと黒板には種々の引き継ぎ事項やタスク、メモ、チラシ、連絡先などが書かれたり、貼り付けられたりしていて、一見、とてもわかりにくい。板書屋の得意分野ということで、このあたりの情報整理を行うことにした。

・期日を過ぎたお知らせを廃棄。
・紙やファイルで持つべきものはPC入力。
・メモ用紙をコンパクトにして扱える数量を増やす。
・すぐできるタスクをまとめる欄をつくる。
etc.

ちょっとは仕事しやすくなったかなあ?

IMG_4823.jpg
  1. 2011/05/20(金) 16:40:58|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京FG研修

青木将幸ファシリテーター事務所主催の、年に1回のファシグラ講座。
初日は12名限定の講座。
二日目は午前3名、午後3名のセミプライベートレッスン。東京では初の実施だ。

「表に出てくる言葉」だけでなく「深い理解」を。
「技術向上」だけでなく「人としての成長」を。

といったことを、意識する。
マーキーとの講座ではいつも。

IMG_4697.jpg


「ファシリテーション」と「グラフィック(=レコーディング)」とのバランスも最近の関心事。
あくまでファシリテーションのためのグラフィックなのを伝えていきたい。

「なぜ書くって?そりゃ、みんなに活躍してもらいたいからさ!」って。
  1. 2011/05/20(金) 16:19:02|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。