FC2ブログ

板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

数年ぶりに更新

フェイスブックをはじめてほったらかしていたブログに久しぶりにログイン。

時々,発行中のメールマガジンの第1号を貼り付けておくので,
興味がある人はグリーンシティ福岡までご連絡ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ファシリテーショングラフィック/市民の板書術
 01:大切なのは出席者を見ること
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議やワークショップなどで,出席者の意見やアイデアを書きとめる
ファシリテーショングラフィック。そのコツやノウハウ,考え方,あと
時々雑談とかをお伝えしていきます。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 まず大切なのは,ニッコリ笑って出席者を見ること。

 きれいに書きたいor描きたい,上手にまとめたいという気持ちがある
のは仕方ありません。けれど,ホワイトボードや模造紙の出来栄えよりもきっと,
前に立つあなたがどんな表情か?どんな立ち居振る舞いか?の方が,よっぽど
場に影響を与えるだろうと思っています。
 なにを書くか?どう書くか?ばかり考え込んでいたり,みんなに背中
を向けてばかりいたり,腕組みしてしかめっ面していたりするのは,ち
ょっとアレですね。

 ファシリテーショングラフィックの担当として人前に立つことになっ
たら,まずは深呼吸して出席者全員に目を配るようにしましょう。出席
者一人ひとりに「よろしくお願いします。」を言うような気持ちです。
自分も落ち着くし,出席者とグラフィッカに「電話線」をつなげるよう
なものだと思っています。

 そして,発言を促したり,待ったりする。発言がある時はそちらを向
き,しっかり聴く。手は書き出しそうな姿勢になっていて,発言に応じ
てうなずいたりする。
 そして書く。どのタイミングで書き出しはじめるかはその場によりま
すが,多くの場合「すぐには書かない」のがよいようです。発言者の言
いたいこと,特に感情が動いたところを見つけてから書くようにしてい
ます。

 書いた後はふりかえって,その発言をした人の表情を見つつ「これで
OK?」の確認をしたりします。たくさんの発言があって忙しいと難しいですけれど…。
 そして再び,出席者側を見て聴く体制に戻ります。

 とは言っても,ドンドン意見が出てくるような時は背中を向け続けて
ひたすら書き続けることもあるでしょう。しかし,基本は出席者を見て
聴くことが優先と思っています。
 ファシリテーショングラフィックは記録と交通整理の技術のように言
われますが,むしろ「全身を使った『聴いてます』の表現」でしょう。
「場に貢献してくれてありがとう。全身で受けとめます。」という気持
ちが何より大事だと。
mm01
スポンサーサイト



  1. 2018/12/10(月) 20:52:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0