板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マーカーの持ち方

20070904192613

いや、マーカーなんて好きに持てばいいんですけどね。

指の間に何本もはさむやり方があります。いかにもファシリテーショングラフィックって感じで一部で大人気(?)です。「太い方をはさむ派」と「細い方をはさむ派」がいて、それぞれに理由があるようなんです。以下、右利きを例に。
写真は「細い派」。私はこちらの持ち方が多いです。「細い派」は、キャップをとるのに一旦持ち替えて、左手の親指と人差し指でキャップをとる必要があります。しかし、いざとなれば左手に6、7色持てて便利と主張します。「太い派」は、右手でマーカーをにぎると同時にキャップをとることができ、素早く書けると主張します。しかし、何しろ太いので、手の大きい男性向けかもしれません。

、、、まあ、テーブルや置き場があるなら、素直にマーカーは置いておきますねえ。議論の中身より、マーカーの持ち方に注意がいってしまうのも変な話ですし。

ちなみに、愛用のマーカーは三菱プロッキー。発色はゼブラのリ・ユースがきれいですね。ただ、キャップの開け閉めが「ひねる」タイプになっています。グループワークなどでいろんな方にマーカーを使ってもらう機会が多い私の場合、少しでもストレスの少ないものを、という理由でプロッキーを選んでいます。部屋にあるプロッキーを数えたら22セットありました。増えたなあ!
スポンサーサイト
  1. 2007/09/04(火) 19:26:13|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<里山保全活動リーダー養成講座 | ホーム | どこでもホワイトボード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://facigra.blog117.fc2.com/tb.php/5-9fc865ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。