板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「空気を読む」と「場を読む」

「空気を読む」という言葉はキライ。
けど、ファシリテーションには「場を読む」ことが大切と言っています。

二つの言葉、どちらも「周りの言外のメッセージを理解すること」という点では似てる。けど違う。

個人的な理解では、たぶん以下の二つが相違点。

1)射程。
空気を読む場合は、その時、その場の人間関係や雰囲気に限定されて、読む対象の射程はとても短い。
しかし、場を読む場合に求められるのは、今の行動や話し合いが将来的にどうつながっていくのか?とか、周囲の人にどんな影響を与えていくのか?という長い射程。

2)
従うか選択するか。
「空気を読む」には、単に「読む」だけではなく、それに従い屈服することが求められる。まあ、ある種の暴力だろうなあ。
「場を読む」のは、場の雰囲気や文脈を理解した上で、その後、どう行動するか「選択」が問われるような気がする。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 15:52:40|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<なんとなく | ホーム | 里山とファシグラ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/25(土) 22:32:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: なるほど

米良の木こりさま。以前、教えてもらった「安全な伐木作業のためには、集中しないこと」って今でも思い出します。大事やなー。
  1. 2009/06/05(金) 20:34:27 |
  2. URL |
  3. 板書屋 #-
  4. [ 編集]

場を読むと空気を読むの違い、納得しました。
だよねー。
ある種の暴力・強制力という点が「空気を読む」にニュアンスとして入っているんだなと。

  1. 2009/06/18(木) 08:19:35 |
  2. URL |
  3. marky #-
  4. [ 編集]

生存確認が主目的(?)になったブログにコメントありがとー!

確かに暴力やんな。その暴力が生まれてくる「弱さ」はどこからから来たのかっていうのがややこしいな、と思います。
  1. 2009/06/18(木) 13:36:46 |
  2. URL |
  3. 板書屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://facigra.blog117.fc2.com/tb.php/87-ad376f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。