板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Transition Townのこと

先日のBegood CafeでテーマとなったTransition Townのこと。

ワークショップの手法としてOpen Space Technologyを使ったりして、その部分も見たかったけれど、何よりそのコンセプトに興味があった。むしろ、15年ほど前の大学の卒業設計作品のコンセプトに、とてもよく似ているなあ、と。

詳しくはコチラ
http://www.transition-japan.net/

自分が感じたTransition Townの要点三つ。

1)最終的に到達したい「町のイメージ」よりも、こんな風に進めたいという「プロセスのあり方」を大切にしている点。

2)世代や文化や立場を超えて共有しやすい「ピークオイル」と「気候変動」の二つの大きな課題を掲げている点。

3)既存の取り組みや団体を尊敬しつつ、その間を「つなぐ、取り持つ」姿勢を重視している点。


いいよいいよー。
これって、「まちづくり」のファシリテーター的存在だなあ、と。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/10(金) 20:39:53|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川喜田二郎先生 | ホーム | BeGood居酒屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://facigra.blog117.fc2.com/tb.php/93-c998b9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。