板書屋ブログ

ファシリテーショングラフィックに関する情報提供サイト「板書屋」の日々の活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同僚に書いてもらう。

なんで気がつかなかったんだろう?

これまでワークショップや研修では、自分が板書もしながら進行してきた。あまり不自由も感じず、人数が数名の時も数十名の時も、ちゃっちゃと自分なりのやり方で。
ある日、同じNPOで働く同僚に、「私もファシリテーションのことを勉強しなくていいですか?」と言われて、あっ!と気付かされた。他所の町や団体に出向いてファシリテーション(特にグラフィック)の研修をよくやっているのに、自分ちではやってなかった、、、。

研修用に使ってきた配付資料のPDFファイルを全て渡し、小さな会議から仕事の研修まで、彼女に板書してもらえる場を、いくつかピックアップ。
で、書いてもらうと、初めてなのになんだか上手なんだなあ。
うれしい8割、くやしい(?)2割。ははは。

さあ、どんどん書いてもらうぞー!
スポンサーサイト
  1. 2009/07/14(火) 21:43:04|
  2. 事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<産婆さんの例え | ホーム | 川喜田二郎先生>>

コメント

見た!

最近始めて見つけた!
知らなかった!

ちょくちょく見届ける事にしよう。

とにかく心身とも元気で居て欲しいね。どんなに優れている者でも、ストレスを抱えていては万全な考えは出てこない。
単なる入院だけなら、本人の気分は別にして日常と違った勉強や気付きを経験できるだろう。
が、できるものなら無理をせずに、家庭や周りの皆さんと健やかな日々を送っていて欲しいね。

人は、どれほど幅広く情報をキャッチできるか、それらをどこまで深く吟味検討できるか、そこから出たものをどんな先まで見通すことができるか、つまり、幅×深さ×時間=Ⅹという積が、各々の能力ではないかと思う。

ここが興味や情報の坩堝と化してもいいのではないかな。
  1. 2009/08/28(金) 11:36:31 |
  2. URL |
  3. 熊襲 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://facigra.blog117.fc2.com/tb.php/96-60eaca43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。